基本的なこと

だれかがみだしておいたら

だまってそろえておいてあげよう

おはようございます、こんにちはといったにもかかわらず

相手から返事がない。

運転中に相手に譲ってさしあげて、手も上げない、えしゃくすら返さない。

こういう時、

僕の挨拶は「ドラえもんのポケットに入った」と思うようにしている。

僕の行為も「ドラえもんのポケットに入った」と思うようにしている。

そうすれば、「カッ」となる気持ちも鎮まる。やって損は何もない。

 

返してほしい気持ちがあるなら、下のようにしっかり並べられるように仕向ける自らの策も必要かも。

社員教育

社員教育というと、社会人としての基礎マナーや礼儀の研修か、技術や資格取得研修が思い浮かぶ。先日の建設新聞に以下のような内容があった。

善い商品、サービス、お客様を創る、関係を維持するのは社員さん。その社員さん全員に「人間教育」が必要です。と書かれている。書物を読んだり講義を聴いたりするが、その時は「なるほど、その通り」と思うが、実際は実践できない、できていないことが多い。

弊社が全員で学んでいるものは実践経営学。学んでいる先輩方からよく言われる言葉だ。

「いにしえの道を聞いても唱えても我が行いにせずば甲斐なし」

自分を高めるために、学んで血肉化されるように繰り返し繰り返しその内容に触れ、自分の意識と考え方をそのように持っていく。勉強のときだけでは×。何より、率直に受け入れる素直な心が必要。学んで「そう思う」で終わらずに、そのことを実際にやらないと始まらない。自分流、自分の考えを大切にするのはいいが、学ぶことは素直に受け入れ、取り入れる「考え方」を備えること、それにはまず第一に素直な心が必要かも。

新渡戸稲造さんの武士道のその一にも、自分を高めること・・・とあったことを思いだしました。

新年ネタの最後です!

今年も1/4に全社員書初めをしました。落ち着いて筆で書く機会もほとんどない事です。筆を持ち、墨汁で、半紙に書くその瞬間くらいは、落ち着いて書くはずです。毎年一回、書初めという行為を使ってそのような瞬間をつくっています。

年末から翌年の一言を考える者やその場で何とか考えて書く者などさまざまでしょうが、、、

私は、昨年に引き続き「因」。ただし、昨年より力強く太く書きました。将来の因とする重要な飛躍のきっかけを創りだします。昨年の「因」のおかげで「ゼロ」が「イチ」になりました。初めてのことは億劫で怖いものですが、マラソンチャレンジ、資格取得、新しい業務と皆の力を借りてしっかりの将来の「原因」を踏めました。今年はそれを太くします。

自分の修練の意味も含め、ほぼ毎日愚息らへ作る朝食も欠かさず続けています。やり始めたら途中でやめない。やめたら以前までの怠惰な自分に戻ります。新しいことを始めたらやり続けるそのことも、将来の因を刻む一つの行為です。

いよいよ明日は西郷どんNHK大河ドラマの始まり

先日のテレビで鹿児島を代表する偉人先人たちが紹介されていた。明日から始まるNHK大河ドラマ「西郷どん」をあおる形で、NHK含め様々な歴史番組で取り上げられる機会が多くなってきているように感じる。楽しみですね。

昨年は、薬丸野太刀自顕流の稽古の最中に、主役を演じる鈴木さんが同局の「鶴瓶さんの家族に乾杯」の収録でお見えになった。その画像はUPできないが、放送が1/15とのことらしく、ひょっとしたら放映されるかもしれない。もちろん、鶴瓶さんも主役の鈴木さんも体験された。

単純な練習の繰り返しが自己研鑽につながる。門弟としてお世話になりだして5年目に突入する今年です。

 

2018会社の初日

例年通り会社が動き出しました。各あいさつ後にまずは、定期訪問すべき現場へ。私たちの仕事は人間の血液血管に例えると、動脈ではなく静脈。静脈とはいえ、欠かせない役割と認識している。そのため雪でも台風でも、正月でもお盆でも一定の期間のうちに定期的に訪問する。

訪問すべき顧客訪問後に、昼礼を行った。そこで会社の経営理念と方針を改めて話した。昼礼後、地元の神社で安全祈願祭に出かけ明日以降も滞りなく業務が遂行できるように準備をした。おおよその準備が終了し、バキューム車の収まっている車庫でささやかな新年会を行った。規模はささやかだが、内容の鍋類はそれは素晴らしい味でした。3杯も4杯もおかわりしてました。

リーダーが後輩らと分担して、部長の釣果大型の鯛(冷凍しておいた)もメイン食材等を利用して経費を抑えて調理してくれました。

2018年の幕開け初日

あけましておめでとうございます。

至らぬことも多くあると存じますが、本年もよろしくご指導ください。

平成30年の初日も5時に起きて鴨池運動公園の元旦太陽とともに走ろうのイベントに自顕流の初稽古でした。トラックの上での稽古ですが、芝生は霜で冷たく、同様にトラックも神経がなくなるほどの冷たさ。そんな中でも、例年同様に裸足で初打ちです。

約3000名の走り初めのランナーとともに初日の出とともに新年を祝いました。

最期の大掃除

今年も最終日となりました。1年間大変お世話になりました。最期の今日も大掃除。1年間のすすやほこりで黒くなった車庫の手の届かないところを高圧洗浄機で洗浄!美しくなり、気持ちのいい新年が迎えられます。水まみれになっていました。また、きれいな水の給水タンク車両にするための、車両のタンク内に入ってタンク内の清掃もしてくれていました。その他本社のあちこちの掃除や廃棄物のリサイクル場への運搬、車庫内の掃除や整理の役目をそれぞれがこなしていました。もくもくと。。。ありがとう。

また、昨年に引き続き、個人を特定できる書類をすべてシュレッター再生しました。

基本的に紙類は再生リサイクルのために古紙回収業者へ持参していますが、個人を特定できる情報の掲載されている書類は社内で分別し、まとまった段階でシュレッタ処理しています。200Kgになる紙の量でしたが、しっかり法にのっとって処理ができています。

社内の空気も澄んで気持ちよくなりました。今年最後の勉強会、会議を終え、年末に入ります。

焼き鳥がたくさん?

60代の後半の先輩と同乗した時の話。休憩で立ち寄った公園に用を足しに行った先輩。帰ってくるや否や、「やきといがずんばいおっど」と、ふと電線を見上げるとハトがたくさん止まっていた。あのハトはぱさぱさしてあんまりおいしくない。メジロを少し大きくしたようなハト キジバト?や〇〇ハト(名前を忘れた)はうまいと仰せでした。電線にもたくさん止まっていましたが、公園内の様子を見て仰せでした。

 

その公園の様子がこの画像です。

この様子を見て、焼きといがずんばいおっど-とはなかなかなりませんなぁ~ 冬で寒いためか近づいても動いて飛び立つハトさんはほとんどおらず、丸くなって寒さをしのいでおりました。先輩曰く、2.3回は罠に引っかかるぞ~とのこと・・・

 

お食事前後の方はご高覧お控えください・・・

何かと話題になる白い動物や昆虫類。見つけました。何気なく見た方が気持ち悪くないようにずっと下のほうに画像を修めました。こんな「ゴッキー」見たことない!!!興味のある方は下へお進みください。くれぐれも自己責任で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いゴッキーごきぶりでした。体が大きいので生まれたばかりではないと思います。

触角が長いですね・・・

お坊さんからの話

私たちはせいぜいあと20.30年しか生きることができずに終わる。しかし、会社もあと20.30年で終わっていいかと言われるとそうではない。そこに社会の役割があり、生活・家族の糧をゆだねている社員がいる。将来そのようになるかもしれない、まだ出会っていない人もいる。  自分はさておき、会社は存続できるように人、物、金、サービス、製品、情報を整理していかないといけない。同じ製品を営々と提供し続けることができるような時代ではなく、安寧と生きているわけにはいかない。

そんな中、ITやSNSの発展もめまぐるしい。その中でスマホについての話もあった。時間があればスマホをあけ、SNSに興じる。ゲームをする。似たような行動として、家の中でついテレビをつける、番組一覧の中で「比較的見たいチャンネル」を探し見る。

この一連の行動を「依存している:ドラッグと同じ」と話された。それをして心が動かされるか?快か不快か?何かを生み出したか?自分に何が残ったか?

安寧としてられない時代に、何も生み出さない、自分に何も残らない時間を過ごすのはもったいない。1日1分だとすると、365分、10分だと3650分になる。この時間に嫌でも本や雑誌を読み情報を入れて頭を刺激する人としない人では、将来が変わるのは言うまでもない。

ITやSNSとの付き合い方という講和の中での一部でした。

自分は何のために生まれてきたのか?何の役割をもらって命をもらったか?まだ、生きているのか?それが見えれば、無駄な時間が見えてくるはずだ。