強制的な腑に落ちない仕事をどう自己処理するか

先日BSだったと思うが、大学を卒業し社会人1年生技術者(エンジニア)の会社での様子が特集されていた。学生時は理系で技術を学び、会社の先輩方のように社会に役立つ機器をエンジニアとしてつくりだし世に役立ちたいという高い志を持って入社したようだ。

その会社には野球部があり、社会人野球にも出場する名門の野球部を要する会社だった。社長が「野球は人づくり也」的な、お考え持っているほどで、新入社員はほぼ全員、その応援団へ入部が強制的になされていた。応援団といっても学ランは着用してなかったが、本格的な応援団。チアもチアで本格的です。スタンドもこんな感じで、その社員始め取引先までスタンドがびっちりう埋まる。NTT、東日本〇〇、ホンダなど大手ナショナル企業だからそうだろう。

会社が終わってから、練習場所に集まる。新人はこんなことやるために会社に入ったのではない。やるためのモチベーションがない。目標もない。嫌だ。やりたくない。指示だから、練習場所にはとりあえずいく。手がそろわない、覚えがよくない、できない、叱られる。仕事で叱られるならわかるが仕事でないのに叱られて。・・・マイナスの循環だ。

 

その彼が先輩と管轄部長に相談に行った。

「なぜ!?」「こんな今年に入社したんじゃない!」「自分をモチベートできない」などなど。

先輩:学生だったらまだいい。社会人になったらそういうのは通用しない。

部長:つらかったりきびしかったり理不尽だったりする。やりたいかやりたくないかは選べない選べるとすれば、やりたくない仕事になる。そういうものだからこそ、自分の中で「目標設定していこう」「こういうふうにしていこう」とかとりあえず決めて、それに基づいて行動したら、自分は自分にとっての「苦境」を乗り越え、それができたってなる。目標を持ち意識を変えたら、行動って変わってきますよね。そういうことを学ぶ場にしてほしい。自分が前向きにならないとトライアンドエラーにならない。後ろ向きのままだと、単なるエラーに終わってしまう。

また、以前は納得しなくてもとにかくやってみるかというところがあった。最近は納得しないと行動に移らない。として、今まで練習場での練習だけしかしてなかった新人を連れて、ほかのチームの試合を観戦しにつれていった。一糸乱れぬ応援に目が釘付けになった。

その彼は、その晩から自分で練習を始めた。自分の中で納得した点として

期日の決まった目標に向かってどういう風にやっていくかが大事。それを応援団を通して気づいてほしかったんだと気づいた。学生の間は嫌なことがあっても逃げられる。絶対にやらなきゃいけないという環境の中での立ち向かい方がわかった。こういう経験はどこかで応用が利く。一過性ではない。どこかで同じシチュエーショッがおこる。その時には自分は越えられる。あの時と同じようにやればいいとなる。この取り組みはプラスの評価ですと。

彼は立派な社会人になった。大人になった自分を自分の精神を成長させてくれる人やことはあるだろうか。自分だけがいいとする人が大半の世の中で、会社はその人を成長させるために様々な仕事をお願いする。

したいこと、やりたいことをするのではなく、やるべき、するべきことをする。やる。、やり遂げることを先に自分で決めることが大切だ。

 

逃げられない世代

表題の本の要約

国会議員の任期、官庁・役所の人事異動により、日本全体に及ぶ課題への対策や政策が、短期志向になり長期的に横たわる本質的な大きな問題を先送りしてきた。それは、団塊の世代には団塊ジュニア世代がいたから。団塊世代ジュニアには大きな年代の塊はないが、まだその下の世代がいる。しかし、その下の世代(1979-98年生まれ)は受け入れがない。人口が少なく、現在の社会保障システムでは崩壊する。この本では、これを「逃げられない世代」と呼び、社会保障、安全保障(アメリカにおんぶにだっこ)の在り方を真剣に考えなくてはならないと提言している内容です。

衆議院議員の任期:平均3年程度。よって、政策は2.3年を見据えた短期的なものになる。目先の票確保のためには、長期的なことを言っても、絵に描いた餅になってしまうのだ。短期的な政策になることも仕方がない。

中央官庁幹部級は2.3年位で移動する。長期的な政策立案に取り組めない。長期的な課題やリスクの要因がわかっていても、抜本対策となる長期的な政策の立案に取り組むことが実際できない。

社会保障システムは、現役世代が引退世代を支える構造で、人口構成の変化が制度変革に直結する。戦後を支えた先輩方には、層の厚い団塊世代(1947-49生まれ)がいた。団塊世代には団塊世代ジュニアがいる(1971-74生まれ)。以降の世代は人口の塊がない。

日本の安全保障は米国頼みだ。しかし、国際社会において中国やインドが存在感をまし国際経済による日本のポジションが低下する。これは日本の安全保障環境に影響するそうだ。アメリカが日本との同盟関係を解消することもあり得るのだ。

現在の社会保障・安全保障のしくみでは、この大きな問題が、1979-98年生まれの方々にのしかかってくる。

2050年にむけ長期的な視点で、日本国民の安心と安全を支える国家であってほしい。

 

余談だが、弊社は現在、弊社の全お客様に、浄化槽サービスの値上げをお願いしている。中には年金が少ないのに・・・という方がいる。わからないでもないが、その年金の原資は我々現役世代が業務の対価をいただかない限り、納めることができず、循環していかない。出費が増えることは我々が少しでも対価を多くいただき、その頂いた分は、税率によって皆様を支えることを意味してる。直接的に支払うのは行政庁だから実感はわかないだろうが、そのようにご理解していただくことも必要だと思う。

しかも、いま、業務提供している若者は、その仕組みの恩恵を受けられるか受けられないかわからない世代もいる。要は先輩方のために治め、払うが、自分たちはその恩恵が今のところ定かになっていないのです。

下水道

先日の鹿児島県紙「南日本新聞」の表紙を「老朽下水道の改良加速」という大きな見出しが一面を飾っていた。鹿児島では戦後7年たった昭和27年(1952年)から下水道敷設事業が始まっている。鹿児島市の全人口約60万人のうちの約8割にあたる47万人がこの下水道のお世話になって、普通の生活ができている。普通の生活の基盤であり、社会の黒子的な役割の一部である。

この下水道も「もの」ですから、破損したり、ヒビが入ったりする、いわゆる寿命がある。記事では、耐用年数がありその耐用年数に達していくピークに備えて鹿児島市水道局では準備していくとの内容が書かれていた。ちなみに法定耐用年数は布設から50年である。耐用年数を経過したから危ない、交換しないといけないということでもないが、危険性は高まっていく。そのための地中に埋まる下水管の管内の調査や修繕等への予算が増えていますよという内容の記事。

だいぶ前の画像だが、それをはるかに超えて現在も活躍する東京神田の日本で初めての下水道が敷設されている付近で撮影した表示を添付します。

 

大久保利通生い立ちの地

大河ドラマで活躍する西郷さんの友人、大久保利通氏。その生い立ちの地と西郷さんの生誕地はすぐそばにある。毎年恒例なのだが、鹿児島の教職員さんの夏の行事の一つに郷土の歴史講座があるようだ。最期の締めくくりとして自顕流を体験する時間があり、その講師役としておよび頂く。その体験場所が、維新ふるさと館の後ろで、大久保利通氏の生い立ちの地で行われる。

付近は、大久保さんばかりではなく、幕末以降に活躍する人物がここら近辺から多く出ていることがわかる。

この後ドラマがどこまで続いていくのか楽しみですね。そして↓この人の活躍も楽しみなところです。

日比谷近辺の薩摩関係史跡

先日の東京訪問時の隙間時間での散策その②

日比谷の帝国ホテルの裏に旧薩摩藩中屋敷と呼ばれる史跡跡が残っていた。薩摩中屋敷の後は鹿鳴館となって社交場となったようなので、そのあとがひっそりと残っていた。ここ日比谷は、井伊直弼大老で有名な「桜田門外の変」のあったすぐそば。

島津斉彬氏はこの東京の薩摩藩邸の上屋敷で生まれたのでここでお生まれになったわけではないが、ここは立ち寄ったに違いない屋敷の跡地である。お城に近いことから、登城前にここで着替えをしたらしく、中屋敷(装束屋敷)と呼ばれていたそうである。近くの見附門後(日比谷公園内に石垣が残る)では、家定の正室となった篤姫がここを通って場内に入ったという資料もあるが、この中屋敷で準備を整え、着替えていかれたのであろう。

前職の勤務地近くにこのような史跡があったことなど当時はちとも思いもしなかった。

進め方を変えれば見える物・感じる物も変わる

先日東京の皇居周辺に行く機会があった。前職は日比谷近くのビルに勤務していたこともあり、付近はよく知ったものだった。スーツを着て周りの景色を見ることもなく忙しく歩いたり車に乗ったりしていた。

今回は、朝のゆっくりした時間にゆっくり歩いて回った。

桜田門近くの皇居に日本全国の「都道府県の花」の指標があり、門扉周辺に輪が鹿児島のミヤマキリシマも植えられていた。皇居の周辺に、日本の全都道府県の県花を植えているという粋な計らいに、感心した。「日本の政治をつかさどった江戸城、その周りに日本を支える各県が花を添える」と解釈したのだ。発案した先人の知恵と気の利いたおしゃれに気持ちがとてもよくなった。

鹿児島県のミヤマキリシマが門のすぐそば(メイン)に植樹されていた。きっと明治政府発足の際に鹿児島の先輩がこの役割を担い、ここを鹿児島の花の位置にしたのだろう。

ザリガニの寝る姿

家の近くの県庁の池で子供たちがよくザリガニ釣りをしている。県庁ができてしばらくたってからずっと子供たちがやっているのは知っていたが、愚息もその年になってきたようです。先日妻と兄弟でとってきたザリガニ4匹がこの水槽に入っていましたが、今やラスト1匹です。

しかし、この臭さはすごい。どぶ臭というかおならのにおいというか・・・先日は水替えをしていた妻に向かって失礼ながらも「へこいたべ!?」といったほど。(ごめんなさい!)

そのザリガニの寝方です。あたかも死んでいるようですが、上にある目は水面の際でしっかり見ているのです。水槽が揺れたり上から覆ったりすると、後方にビュンと逃げます。

また、飾りで入れてたこの水草もどきもどんどん、ハサミでカットしています!

今日はまた、友達と午後から取りに行くとか。言っておりました・・・

素晴らしいテクニック!!!

今日、ふと目に飛び込んできたのが、この中央の木のカット!まんまるでさっぱりしています!環境管理事業所の取り組みの一つではあるんですが、この手入れをしてくれている社員さんは、その担当の方ではありません。自分の得意性(全色で学んだ知識や技術!)を活かして発揮してくれています。

多くは、面倒だから、できることでも言わない、やらない、人が多いなかで、自ら率先して定期的に手入れをしてくれる社員さんです。加えて、花壇の苗もきれいに植え替えられています。

環境管理事業の取り組み責任者の適切な指示があったのかもしれません。

とにかく、今までは私がしなくてはならなかったことや指示しなくては動いてくれなかったことに対して、自発的に取り組んでくださる社員さん方。とてもありがたく、感謝しています。言われてやるやらされるよりもきっと、きれいに仕上がっていると思います。

アリガトウ!!!

酷暑でもシャキンと元気!

先日、道中にて、パッと目を引く黄色いじゅうたんをカシャッとしました。

酷暑続きの日にもかかわらず、ダレダレせず、皆が一致団結して、目標に向かって、一生懸命生きている姿を感じました。誰を蹴落とすわけでもなく、俺が俺がとエゴを出しているわけでもなく、自分だけ日が当たればいいと行動している向日葵もない、それぞれが精一杯生きている姿でした。

果実がなる植物の中には、この酷暑により気温が下がらず、果実の色が変わらない、熟していかない果物もあるように聞きました。色が変わるための成分が温度により働くことができないとのことでした。

我が家のパッションフルーツ(トケイソウ)の実も、色が緑のまま変わりません。。。

 

見つけました!鹿児島だけの鹿児島デザイン

各地方公共団体でデザインマンホールが一部のマニアで人気になっている。その本まで出ているというから、マニアも捨てたものではありません。

さて、鹿児島市では今まで作っていませんでしたが、先日まで開催されていた北九州での下水道展に合わせて、鹿児島も足並みを合わせて作ったようです。まだ、ほんの一部の地域でしか見ることができません。鹿児島ならではの、薩摩切子デザインです。よその地方公共団体では、キャラクター物や最近話題の内容などをマンホールにしているところもあるようですが・・・流行り廃りがあるものはいかがなのでしょうか・・・

薩摩切子のデザインは、鋳物会社泣かせのマンホールだったようです・・・

赤や黄色藍色などの切子と同様な色までついているとすごいですよね・・・