川路利良 大警視

先に終わった大河ドラマ西郷どんでも、職務への決意が強く感じられたシーンが出てきた。川路利良さんは、結果として政府側に立って、薩摩軍と戦った。シーンの中での警察隊と薩摩軍との戦いが出てきたが、このシーンほどいたたまれないと感じたシーンはなかった。薩摩で習う剣術の構えを双方共にしていたからである。

川路利良氏の銅像が、鹿児島県警の前に建てられれている。大警視年齢40歳は最年少ということらしい。

余談だが、休みに「田原坂」のDVDを借りてみたが、その作りや流れが今回の大河ドラマとよく似ていたことを感じたのは、私だけだろうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です