西郷隆盛終焉の地

毎日曜日に繰り返していた今年の自顕流の稽古がその日まででした。その日は西郷さんの最終日でもあったので、稽古の後子供たちを連れて、終焉の地に行きました。稽古場の南洲神社でいつも見ているお墓の横には、別府晋介氏がいることを知っている子供たちに話しました。

西郷さんは、鉄砲で2か所打たれてそして別府晋介さんに、もうここで終わりだねと話して死んだんですよと教えた。

稽古の後に立ち寄る温泉は、最後まで待機していた洞穴がある。その洞穴も毎日曜日に見ている彼らに、あそこを出発して走っている途中で、打たれて、ここで亡くなったんだよと話してあげた。

ドラマの最後は想像とは違ったが、子供たちは、今まで以上に鹿児島の西郷さんへの理解が深まり、大久保さんのことも知ることができたいい番組でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です