新規事業での注意点

◆誰のどんなお困りごとを解決するかを明確に                               ~作り手のこだわりが強いほど独りよがりに                                                       ・資金に限りがある場合、優先順位をつけて取り組む                         ・顧客の本音を把握する(そのサービス商品を本当に購入してくれるか?)

◆本当の目的を忘れるな                                                               ・商売とは、売り手と買い手の思いのギャップを埋めること                                           ・仕事は、どれだけ多くの人を幸せにしているか?どれだけ人の役に立っているか?

◆最悪のケースから考える ~まだ見えてない失敗の原因をあぶりだす                                   ・人間は人間だから不合理なふるまいをしてしまう                                                ・未来の失敗を先回りしてリアルにイメージし、あちこちに潜む落とし穴を事前に埋める                          ・絶対に成功したいから、むしろポジティブに、事前に未来の失敗をリアルにイメージする

◆撤退する基準を決めておく~投資限界額を決めておく                                          ・マーケットは大きい?顧客となる層の人口は多い?競合他社は?                                     ・柔道では、万が一投げられたらどう倒れれば骨を折らないか、先に稽古するし、常に考える

◆イノベーションには顧客の声を聞くだけでは不十分で、顧客の心の声を聞く必要がある                       ・顧客の行動を現場で観察し、実は不満に思っていることをあぶりだし、言語化する                          ・起業とは、無茶な発想と現実のすりあわせの過程で市場と顧客を見つけていくプロセス                             ・新規事業はニッチな市場で。最初は実験。あえて小さい市場を選ぶ

◆思い込みをベースに顧客から何も学ばず、作りたいもの、したいことをやっちゃう→失敗!                       ・顧客の持っている課題を発見することに加え、課題の質を上げる                                       ・顧客すら気づいていない痛みがある課題とは何かを徹底的に検証し、深堀する

◆あなたがこの事業をする必然性はなんですか?なぜあなたのチームでなければならないか                     ・賛成意見も反対意見も出る中で、突き進むには「俺には見えている」というビジョンを語る                      ・お客様は誰か?お客様が求めている本当の価値は何か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です