日比谷近辺の薩摩関係史跡

先日の東京訪問時の隙間時間での散策その②

日比谷の帝国ホテルの裏に旧薩摩藩中屋敷と呼ばれる史跡跡が残っていた。薩摩中屋敷の後は鹿鳴館となって社交場となったようなので、そのあとがひっそりと残っていた。ここ日比谷は、井伊直弼大老で有名な「桜田門外の変」のあったすぐそば。

島津斉彬氏はこの東京の薩摩藩邸の上屋敷で生まれたのでここでお生まれになったわけではないが、ここは立ち寄ったに違いない屋敷の跡地である。お城に近いことから、登城前にここで着替えをしたらしく、中屋敷(装束屋敷)と呼ばれていたそうである。近くの見附門後(日比谷公園内に石垣が残る)では、家定の正室となった篤姫がここを通って場内に入ったという資料もあるが、この中屋敷で準備を整え、着替えていかれたのであろう。

前職の勤務地近くにこのような史跡があったことなど当時はちとも思いもしなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です