年初から半年経過して成長していますか?

今朝の朝礼で、毎年この季節に話しますが・・・と切り出し表題のことを続けた。

子供は半年たつとその成長は目に見えるように成長している。細胞の成長度は違えど、精神や考え方は同じ人間として幼児同様に成長していても何の不思議なことではない。年始から半年たって成長していますか?

弊社では、成長していない人、成長してるがそのように見えない人、成長した人がある。目に見えるような「成長」であれば、半年前は知らなかったことを努めた結果、知るようになった。教えられるようになった。半年前はできなかったことができるようになった。などである。その成長には必ず時間の使い方の変化がある。時間の使い方を意識して帰ることが成長につながる大きな要因だと思う。

「のみの話」を記す。

のみは通常30センチジャンプする。しかし、コップをかぶせて10センチしか飛べないようにすると、しばらくは体を当てながら30センチジャンプしようとするが、やがて、10センチしか飛べないようになる。再び、仲間の中に入れると30センチジャンプできるようになるか・・・はわからない。

自分で「できない、しない、関心もない」としていることが、本来は幼児と同じように成長できるのに成長しないことを選んでいるのかもしれない。生活習慣も何も変えず、ただ周りの行事に流される生き方はとても楽である。会社は成長しなければ世の中においてきぼりとなってしまう。運命共同体の社員さんも置いていかれる。必死について行こう!と一緒に動くものでないと、この会社という共同体の中には居続けることはできないかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です