西郷隆盛蘇生の家

大河ドラマ西郷どんで間もなく放映の場面が出てくるのだろうか、渡辺謙氏演じる島津斉彬が急死したのち、井伊直弼による安政の大獄と呼ばれる尊王攘夷派や一橋擁立派への弾圧が始まる。

薩摩藩では幕府から追われていた、一橋派の僧・月照の保護を拒否し、宮崎へ追放することを決める。同行していた西郷は、前途を悲観し月照と入水自殺を図ります。鹿児島の竜ヶ水沖で海岸はすぐそばにあるのですが、急に深くなる場所でした。泳ぎが達者だった西郷は奇跡的に助かり息を吹き返した家がこの家です。手厚く介抱されたと書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です