成長

よっぽど自分に厳しい人でない限り、自分には現在の自分でできる範囲内での活動しか自らに課さない。「無理」を課さない。好き、やってみたいと「意志」が先行するものならこれとは別に、自分の能力を超えたことにいとも簡単にチャレンジする。「無理」も「無理」と思わず果敢にチャレンジする、そしてできるようになる。

IMG_7417

プライベートや趣味の充実は大切なことの一つだが、生活の主な時間を占める仕事は、「好き・興味がある」という「意志」が先行することが基本的には少ない。組織の中の役割が決まって、その役割を全うすることが要求される。

役割が全うできないことは問題だが、同時にやらされ感たっぷり後ろ向きに取り組むことはもっと問題だと思う。やりたいことだけを選択するならもはや「仕事」ではなく「仕事ごっこ」である。また、与えらた役割または自ら進んで行う役割への取り組み姿勢で、冒頭の趣味のようにその技術や経験が自らに成長を与える。成長した(=進化)ものには、それにふさわしいステージが用意されているのだ。

すべては自分に責任がある。与えられたことや自ら飛び込む機会に対し、チャンスをもらっていると思うか思わないかで決まる。。。「自ら勝ち取る」とはこのような考え方とチャレンジの連続の先に少しだけ上のステージが用意されているのだ。これは自然に落ちてはこない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です